東京 白金台インプラントセンター

トップページ生涯安心のインプラントインプラントインプラント周囲炎よくある質問スタッフ紹介クリニック案内

インプラント辞典

■ア行

アバットメント
インプラントは、上部構造(歯冠部分)とインプラント(歯根部分)に分けられる。
それらを連結させる部分をアバットメントと言う。上部構造をインプラントに固定するための支台である。通常アバットメントはそれぞれのメーカーによって規格化されたインプラントパーツとして存在します。

印象
歯型を取ること。上部構造は他の歯と同様、歯科技工士が製作します。そのための歯型が必要です。

インフォームドコンセント
ドクターが患者さんに対して、治療前に治療内容について治療の必要性・効果、治療にかかる費用・期間等を、わかりやすく説明し、その上で患者さんから同意を得ることを言います。歯科治療の場合、いくつかの治療から一つの治療法を患者様が選択するのでインフォームドチョイスとも言う。

インプラント(歯科インプラント)
人工歯根療法とも呼ばれる治療法です。人工の歯根を顎の骨に埋め込み、そこに人工の歯を接続することで、天然歯と同じ状態を回復する治療法のことです。従来の入れ歯やブリッジとは違って、違和感や異物感に悩まされることなく、しっかりと噛める、自然で美しい「歯」を手に入れることができます。
人工歯根には、チタンが使用されます。チタンは人体への親和性が高く、心臓のペースメーカー、骨折の治療等にも使われている材料です。なぜチタンが使用されるかというと金属でありながら、金属アレルギーが無く(生体親和性が高く)、骨と直接、結合する特性を持っているからです。

インプラント矯正
矯正専用のインプラントを顎の骨に埋入し、そこを支点にして歯を移動させます。 インプラントが顎の骨と結合する性質を利用する事で安定した力で歯を移動させる事ができます。今までより大幅に期間が短縮できます。

う蝕(うしょく)=カリエス
虫歯のこと。虫歯のできた歯のことを「う歯」と呼びます。歯を抜く原因の半分近くは虫歯。

エナメル質
歯冠の一番表面にあり、人間の体の中で最も硬い組織でできています。ダイアモンドのドリルでしか削ることは出来ません。歯を守っていると考えられており、現在では出来るだけ削らない治療を心がけております。

オールセラミッククラウン
内側もすべてセラミックで出来ているクラウンです。 角度を変えない前歯に最適です。歯の根の治療を行った場合にはファイバーコア(色は白)を用います。数年経っても歯肉の黒ずみは起こりません。また金属アレルギーの患者さんにもお勧めです。

オッセオインテグレーション
インプラントで使用されているチタンが顎の骨と結合すること。ブローネマルク教授は「Osseo - 骨の」+「integration - 結合」の意味を合わせ、オッセオインテグレィションOsseointegrationと名づけました。現在のインプラントはこの骨結合型インプラント(オッセオインテグレーション・インプラント)が使用されています。ただ単に骨に植えられてるのではなく、チタンの膜を覆っている酸素分子を通して、顎の骨と強く結合し、まるで生きた骨として取り込まれるのです。
埋入した人工歯根が骨と結合するため、安定性が非常に高く、硬いものを噛んでもぐらついたりせず、天然の歯と変わらない噛み心地を得ることができます。

オトガイ
下顎の正面部分。インプラントを埋入するための骨が不足している場合に行う骨移植の時に自家骨を使用する場合に、オトガイ部分から骨を移植するケースがあります。

■カ行

顎関節症(がくかんせつしょう)
あごを動かすと顎関節が痛んだり、音がしたり(コキッなど)、顎の周囲の筋肉の痛みなどが主な症状です、運動異常がおこり、重症になると口が開かなくなり、食事を取れなくなります。また首や肩がこったり、全身症状の出ることもあります。

カリエス(caries)=う蝕
虫歯のことです。 虫歯の進行具合によって、cariesの頭文字をとってC1からC4まで分類されます。

仮歯(かりば)
上部構造(被せ物)の作成中治療の途中等につけておく仮の歯。

金属アレルギー
治りの悪い皮膚や粘膜の病気の原因として,歯科治療で使用される金属に対するアレルギーが注目されています。その症状は様々で、金属のあたる部分が赤くなるなどの口腔内(口の中)の異常だけでなく、手足に膿が溜まったり、時には全身に湿疹ができたりします。

クラウン
虫歯などで大きく歯を削ったときに、金属やセラミックで覆う被せ物のことです。クラウンで被せるほどの虫歯の場合は、神経が死んでいるのでクラウンを被せる前に根管治療を行います。クラウンには、金属だけでできているクラウンの他に、金属の表面にセラミックを焼き付けたメタルボンドや、セラミックだけでできているオールセラミッククラウン
などがあります。

クラスプ
入れ歯の部品の一つ。入れ歯を安定させるために、残っている歯に引っかける金属製のクリップ。

骨移植
歯槽骨の厚みが不足している場合には、そのままではインプラントを入れることができません。移植骨などを用いて骨の厚み高さをを補う。

根管治療
虫歯が進行すると、歯根にある神経(歯髄)に炎症が起こります。歯髄の炎症がひどい場合や、すでに歯随が死んでしまっている場合に、神経をすべて取り除き(抜随)、薬を詰めます。

■サ行

再生医療
失われた体の一部を自己の細胞によって元通りにする医療(歯科医療)の 総称。 ドナーが自身の細胞なので、拒絶反応のない移植治療が可能であり、細胞を保存することにより繰り返し治療を行うことが可能となる。歯科領域での応用例として、培養粘膜、培養骨、培養コラーゲン(結合組織)が近日登場するようだ。最終目標は培養歯牙である。

サイナス=副鼻腔
上顎骨の、鼻の横にある大きな空洞のこと。

サイナス・リフト=上顎洞底挙上術
上顎奥歯の歯を失うと、サイナスと呼ばれる上顎の空洞が拡大します。インプラントを入れるためのスペースが不足している場合に、移植骨や骨補填材によって上顎洞の底部を押し上げる治療方法です。差し歯現在ではクラウンのこと。残っている歯根を土台にして人工の歯冠を被せる治療方法。

歯間乳頭(しかんにゅうとう)
歯と歯の間にある歯肉の部分。歯周病になると歯間乳頭が退縮し、歯と歯の間に隙間ができたように見える。

歯根膜(しこんまく)
歯根と歯槽骨の間にある組織。クッション。

歯周炎(ししゅうえん)
歯肉炎を放っておくと炎症が歯肉の内部にある骨まで進行します。細菌により骨が溶け始め、歯を覆っていた歯肉が下がり、次第に歯がぐらぐらします。

歯周病(ししゅうびょう)
歯周炎・歯肉炎歯周病菌により顎の骨が溶かされる病気で一般的に「歯槽膿漏」と呼ばれています。初期状態では歯ぐきに炎症が起こり、腫れたり出血したりします。悪化すると膿みが出てきて顎骨が溶けていき、歯を支えてる組織が破壊され、最終的には歯が抜けてしまいます。歯周病はかなり進行しないと症状が出てこないので、早いうちの治療が大切です。

歯髄(しずい)
象牙質の内側で歯の中心部にある組織です。この中には、血管、リンパ管、神経線維などがあって、歯に栄養を与えています。

歯石(しせき)
プラーク(歯垢)を放っておくと、唾液に含まれるカルシウム分によって固くなり歯の表面に付着します。歯周病の原因になっている。

歯槽骨(しそうこつ)
歯を支える骨のことです。歯の構造でいうと歯根の周囲に存在します。歯槽骨は炎症が起きることにより吸収(骨が溶ける)し、やがて歯を支えることができなくなります。

歯槽膿漏(しそうのうろう)
英語ではpyorrhea(歯槽膿漏)という一般用語がありますが、最近ではあまり使用しません。「老化現象の一つで、歳をとると自然に歯が抜けてしまい、予防法はない」という意味合いがpyorrheaにはあります。病気のメカニズムが解明され、予防・治療法が確立した今では、その言葉を避けperiodontitis(歯周病)と呼ぶのが一般的となっています。

支台歯(しだいし)
ブリッジの土台となる歯。ブリッジを被せるために細く削り、場合によっては神経を取ります。

歯肉炎(しにくえん)
歯肉(歯茎)が炎症を起こし、赤く腫れた状態。歯みがき中に出血したりします。この時期であれば歯の汚れをとって毎日キレイにブラッシングすれば完全に良くなります。

上顎洞(じょうがくどう)=副鼻腔、サイナス
上顎骨の、鼻の横にある大きな空洞のこと。一般的に鶏卵程の大きさがあり、その存在のため上顎のインプラントが難しくなっていた。

笑気麻酔(しょうきますい)
笑気ガスを専用のマスクから吸い込みます。インプラントの手術の他、歯科恐怖症の方の治療の時に使うこともあります。

上部構造
人工歯根の上に作る歯のかぶせ物のことである。特別な場合(異常な習癖)を除いて、現在はオールセラミックで作る事が多い。

静脈鎮静法(じょうみゃくないちんせいほう)
インプラントの埋入手術には、以前は局所麻酔のみで行われてきましたが、現在は麻酔専門医による静脈内鎮静と呼ばれる麻酔下で行われることが一般的となっています。この麻酔下で手術を行えば、手術を安全に行えることはもちろん、手術中の記憶が無いまま行うことが出来ます。 痛みを感じないだけでなく、手術の恐怖感まで全く感じることなく、体に慢性疾患のあるかたでも全身管理の下で安全に行うことが出来る歯科治療です。 通常は麻酔認定医による全身管理下において、術中の心電図、脈拍数、血圧、酸素飽和度等のバイタルサインを生体情報モニターで測定・監視しながら安全に静脈内鎮静および手術が行われます。

シュナイダー膜
上顎洞と歯槽骨の間にある粘膜。

セカンドオピニオン
主治医以外に診断や治療方針について意見を求めること。

セメント質
陶製の歯科材。色や透明度が天然の歯に近い。

象牙質
エナメル質、セメント質の内側にあり、歯冠から歯根まで歯の大部分を占めていて、エナメル質よりもやわらかい組織です。

ソケット・リフト
特殊な器具を用いて、上顎洞の底部を押し上げインプラントを埋入するスペースを確保します。3mmほどの挙上であれば、サイナスリフトより簡便におこなえる。

■タ行

タイユナイト
生体適合性を有する純チタン(Ti)に、表面酸化層の強化と最適なミクロ表面性状の付与を行い、一体化(unite)させていることが特色となっています。タイユナイトの表面には、オッセオインテグレーションの複雑な過程を促進させることが知られている性状が、最大限に結集されています。骨の治りをより早めることによってインプラントの安定性が向上し、そして早期固定が得られることによって、インプラント治療の成功率がより高くなっております。

チタン(Ti)
鉄よりも軽く、酸化しにくい(丈夫でさびにくい。)生体親和性が高く、金属アレルギーを起こさない。からだに最も易しい材料です。医科でも広く使われ、骨折時の補強としてボルト、プレートなどが使用されています。

天然歯(てんねんし)
治療後の人工の歯(差し歯など)に対して、治療前の歯のこと。天然の歯のこと。

テック
仮歯のこと。歯の状態(上下左右の位置)を保つため、治療途中で使用される仮の被せ物。

デンチャー
取り外しの入れ歯のこと。一本喪失した人も、全部喪失した人も全て適応になるが、違和感が大。

動揺(どうよう)
歯がぐらぐらすること。歯周病により歯槽骨の吸収が疑われる。

■ナ行

二回法インプラント → 一回法インプラント
外科的治療が二回有るか一回ですむかによる。古くはブローネマルクに報告されるような二回法が確実であると言われたが、近年では即時埋入が可能な症例もあり、ケースによっては一回法が推奨される場合もある。

ニュートン・センチメートル(N・cm
インプラントを埋入するときの締め付ける力の単位。

■ハ行

抜随(ばつずい)
歯の内部にある神経に炎症が波及した場合行なう根管治療の一種。進行した虫歯に対し行なう治療です。

パントモ
パノラマX線撮影法。歯列全部を撮影するパノラマ型のレントゲン。上顎洞状態、神経の位置を見るのに有効。

ペリオ
歯周病のこと。

フィクスチャー
インプラントの歯根部分のこと。ブローネマルクシステムでそうよんだのが始り。近年はフィクスチャーとはよばず、インプラント体と言う。

プラーク
歯垢のこと。食べかすや糖分により繁殖した細菌塊。放っておくと虫歯や歯周病の原因となります。

ブリッジ
歯のなくなった部分を補う方法の1つ。前後の歯の全周を削合し、欠損部分を含めたワンピースの固定式補綴物。土台となっている歯の負担が大きくなるので、長期的な予後は要検討。ヨーロッパの歯科大では講義を止めたところもある。

歯みがきはプラークコントロールの基本中の基本。正しい磨き方を見につけ、デンタルフロスや歯間ブラシも合わせるとより効果的です。家庭用のフッ素ジェルも有効です。

ポーセレン
陶製の歯科材。別名セラミック。色や透明度が天然の歯に近い。

補綴物(ほてつぶつ)
歯を削った部分や失った部分を補う技工物。詰め物や被せ物、ブリッジ、入れ歯などの総称です。

ボーン・グラフト(骨移植)
歯が抜けて時間が経過すると、顎の骨がやせてしまい、インプラントを入れるスペースが不足することがあります。
以前は骨がやせているとインプラントができないケースがありましたが、ボーングラフト(骨移植)をすることでインプラントが可能になりました。移植する骨は、自家骨が使用されます。

■マ行

メタルボンド
歯が抜けて時間が経過すると、顎の骨がやせてしまい、インプラントを入れるスペースが不足することがあります。
以前は骨がやせているとインプラントができないケースがありましたが、ボーングラフト(骨移植)をすることでインプラントが可能になりました。移植する骨は、自家骨が使用されます。

メタルボンド
金属(金、白金の合金)の上にセラミックを焼き付けたクラウンのこと。白色なので、比較的天然歯に近い。歴史がある。ただ前歯部ではオールセラミックの方が審美の面で優位である。

メンテナンス
インプラント治療後、定期的に歯科を受診し、歯周病のチェックや清掃、予防治療を行います。インプラントや、その他の歯を長く快適に使うためには、自覚症状が出てからの受診ではなく、定期的なメンテナンスが重要です。

■ヤ行

予防歯科(よぼうしか)
むし歯や歯周病になってから治療を行うのではなく、むし歯や歯周病にならない為に行う、新しい考え方の歯科治療。具体的には歯磨き指導やフッ素塗布、クリーニングなど。家でのホームケアと歯科医院でのプロフェッショナルケアの両方が、むし歯や歯周病の予防には有効といわれている。

■ラ・ワ行

リコール
定期検診などをクリニックから患者さんに葉書やメールなどでお知らせすること。

ルートプレーニング
歯根の表面をなめらかにします。なめらかになった歯面は歯石がつきにくくなります。

■英字

PMTC
Professional(専門家が)Mechanical(機械を使って)Tooth(歯面を)Cleaning(クリーニングする)の略称で、むし歯や歯周病の抑制に効果的なクリーニングのこと。

GBR
GBR(骨誘導再生)法とは、欠損した骨組織を再生させる治療法です。

CT
CTとはコンピューター断層撮影(computer tomography)の略で、X線とコンピューターを使って体の断面を輪切りの状態(断面画像)で見ることができるようにする装置です。断面画像からは、骨の形態、幅、高さ、神経の位置などを確認することができます。

広報代行窓口
医療法人社団泉生会 宮本文雄

覚悟の瞬間 医療法人社団泉生会 宮本文雄

院長


歯を失ってお悩みの方へ
インプラントとは?
インプラントの歴史
インプラントの構造
インプラント体と上部構造の接続法
一本の歯を失ったとき
数本の歯を失うと
全ての歯を失うと
インプラントのメリット
ブリッジとインプラントの違い
義歯とインプラントの違い
インプラントの適応症
インプラント適している人
インプラントの耐久性と保証
インプラント辞典