東京 白金台インプラントセンター

トップページ生涯安心のインプラントインプラントインプラント周囲炎よくある質問スタッフ紹介クリニック案内

ブリッジとインプラントの違い

歯を削る必要が無いのがインプラント治療の特徴です。

欠損の図

失った1本の歯を治す場合にもインプラント治療を応用することが出来ます。

インプラント治療が行われる前は、失った歯の両隣の残った歯を削り連結された冠を被せることによって、失った部分を補う「ブリッジ」と呼ばれる治療が行われていました。失った部分には自分の歯に似せた歯が入るため違和感がありません。

支台歯の図

しかし、残っている両隣の歯が健康な状態であっても、その歯の周囲を最低約1mmの厚みを削らなくてはブリッジは入りません。つまり最大の欠点は失った歯を補うために「両隣の歯を削る」必要がしょうじてしまいます。(冠の厚み分だけ歯を削らなければ治療を行うことができません。)また失った歯の咬む力を負担する残った歯が、過重を負担します。そのため数年後痛みが生じます。

補綴物の図

このように、両脇に冠をを被せ歯のない部分はそれぞれの冠に連結された歯(ダミー)を用いて、歯を失った部分を補う治療がブリッジによる治療となります。

インプラントを用いて治療を行う場合は、失った部位の骨を利用して治療が行われるため、両隣の歯を削って冠をかぶせる必要がありません。噛んだ力はインプラントを伝わり骨が負担するめ、残りの歯が負担過重になることがありません。このためインプラントは欠損部位を補う治療術式として最適なのです。


広報代行窓口
医療法人社団泉生会 宮本文雄

覚悟の瞬間 医療法人社団泉生会 宮本文雄

院長


歯を失ってお悩みの方へ
インプラントとは?
インプラントの歴史
インプラントの構造
インプラント体と上部構造の接続法
一本の歯を失ったとき
数本の歯を失うと
全ての歯を失うと
インプラントのメリット
ブリッジとインプラントの違い
義歯とインプラントの違い
インプラントの適応症
インプラント適している人
インプラントの耐久性と保証
インプラント辞典