東京 白金台インプラントセンター

トップページ生涯安心のインプラントインプラントインプラント周囲炎よくある質問スタッフ紹介クリニック案内

インプラント1回法か2回法か?

1回法の場合は、1回の手術で治療することができますが、感染のリスクが高くなるのでサイナスリフトや骨移植が必要な場合はおすすめできません。インプラント治療を受けられる方々は歯を喪失してしまっているわけですが、そのような原因で歯を失ってしまうと、歯周組織も失っており、審美的な理由で理想的な位置にインプラントを埋入れるためには、多くの場合、サイナスリフト骨移植が必要になります。1回法と2回法については、現在やはり多くの場合は、2回法となることが多いです。

当然インプラントシステムも1回法のものだけ/2回法のものだけのシステムより、1回法、2回法のどちらにも対応できるインプラントシステムの方がよいと思われます。当センターではノーベルバイオケアのシステムを使っております。両方に対応しているからです。

【1回法】
1 局所麻酔の後、歯肉を切開し歯槽骨を露出させます。
専用のドリルでインプラント体と同じ長さ・太さの穴をあけます。
2 インプラント体と呼ばれる歯根部分を埋め込みます。
3 ヒーリングアバットメントと呼ばれる仮のアバットメントを設置し、 頭出しをしておきます。その後、インプラント体と骨が結合されるのを待ちます。現在ではアバットメントがついている1回法インプラントもあります。
4 骨との結合が確認されたら、上部構造製作のための型取りやかみあわせのチェックを行います。かみ合わせの調節を行いながら最終的な人工歯(上部構造)を取り付けます。

1回法は、外科手術が1回で済むので患者さんの負担が少ないです。
ただ、 インプラントが骨と確実に結合するまでに細菌感染する可能性や力がかかってしまう危険性があります。

【2回法】
1 局所麻酔の後、歯肉を切開し歯槽骨を露出させます。
専用のドリルで埋入するインプラント体と同じ長さ・太さの穴をあけます。
2 インプラント体を歯槽骨に埋め込みます。
ここまでは、一回法と同じです。
3 歯肉を上から閉じ合わせ、インプラント体を完全に埋没させます。その後、インプラントが骨と結合されるのを待ちます。治癒期間は、インプラントを埋めた部位や骨の質などによって個人差があります。治癒期間中は部分入れ歯等を使用することができるので、日常生活に支障はありません。
4 インプラント体と骨がしっかりと結合されたら、小手術で歯肉を小さく切開します。
インプラント体の頭部を出し、人工歯と連結させるためのアバットメントを取り付けます。
5 お口の型取りを行い、上部構造を作成します。
二回目の手術で切開した歯肉が治ったら、かみあわせの調節を行い最終的な人工歯を取り付けます。

2回法は歯肉の中に完全に埋め込むので、 治癒期間中に力がかからず、また、細菌感染の心配もありません。


広報代行窓口
医療法人社団泉生会 宮本文雄

覚悟の瞬間 医療法人社団泉生会 宮本文雄

院長


インプラントの診査
インプラント手術前の処置
インプラント治療の流れ
インプラント埋入手術
インプラント1回法と2回法
短期集中治療
インプラント症例写真