東京 白金台インプラントセンター

トップページ生涯安心のインプラントインプラントインプラント周囲炎よくある質問スタッフ紹介クリニック案内

一本の歯を失ったとき

入れ歯の方も最初はたった一本の歯の抜歯からはじまったのです。

一本の歯を失った場合に治療はブリッジかインプラント、あるいは一本だけの義歯が選択肢となります。

治療をせずに長い期間その状態を放置する事は他のページで述べていますが、いろいろなトラブルの原因となります。総入れ歯の方も最初はたった一本の歯の抜歯からはじまったのです。なぜか?安易に入れ歯やブリッジにしたことが原因と今では考えられています。
スイスでは一本の歯を失った場合「インプラント治療が第一選択」と大学で教えられております。 不幸にも歯を一本失ってしまったら次に他の部位が悪くならないように考えなければなりません。治療をせずに放置する事によって、他の歯を連鎖的に悪くしてはならないのです。

インプラント治療の特徴は失った歯の部分の骨を利用する事にあります。咬む力は歯槽骨と呼ばれる骨によって支持されます。これは天然の歯を支えている仕組みとほぼ同様です。従って治療に際し、残りの歯に無理なストレスを加える事無く、独立して治療を行う事が可能となるのです。悪い部分を拡大させない、このことは治療方針を立てる際に基本的な事となります。


広報代行窓口
医療法人社団泉生会 宮本文雄

覚悟の瞬間 医療法人社団泉生会 宮本文雄

院長


歯を失ってお悩みの方へ
インプラントとは?
インプラントの歴史
インプラントの構造
インプラント体と上部構造の接続法
一本の歯を失ったとき
数本の歯を失うと
全ての歯を失うと
インプラントのメリット
ブリッジとインプラントの違い
義歯とインプラントの違い
インプラントの適応症
インプラント適している人
インプラントの耐久性と保証
インプラント辞典