東京 白金台インプラントセンター

トップページ生涯安心のインプラントインプラントインプラント周囲炎よくある質問スタッフ紹介クリニック案内

インプラントの構造

インプラント補綴の構造は右図のように一般的には3つの構造からなっています。

インプラントは、手術によって骨内にはいるインプラント体。インプラント体に連結され歯肉を貫通し上部構造とつながるアバットメント。歯肉から上の部分の上部構造。これら3つによって構成され、それぞれアバットメントスクリューとゴールドスクリューと呼ばれる二つの「ねじ」によって連結されています。

 


インプラント体
骨内に入るいわば「人工歯根」で一次手術時に埋め込まれます。材質は現在ではチタン製のみです。用途に応じて各社、様々な形態、サイズを取りそろえています。手術の手技に応じて使い分けることがあります。

アバットメント
アバットメントは、インプラント体、埋入手術後に安定していることが確認された後に接続します。前歯部、臼歯部用。ブリッジ、オーバーデンチャー用など、上部構造の種類に応じて選ぶこととなります。 以前はインプラントメーカーによって規格化されたインプラントパーツでしたが、審美的な要求が高い場合にはオリジナルをオールセラミックで作ることもあります。

インプラント上部構造
いわゆる歯の部分です、天然の歯に似せて精巧に作られます。決して見た目だけでなく、咬み合わせのバランスが重要になるのは他のかぶせ物と同様です。 
審美性が要求される部位には、セラミックが用いられますが、奥歯などは力の強く加わる部分は、金属が用いられることもあります。


広報代行窓口
医療法人社団泉生会 宮本文雄

覚悟の瞬間 医療法人社団泉生会 宮本文雄

院長


歯を失ってお悩みの方へ
インプラントとは?
インプラントの歴史
インプラントの構造
インプラント体と上部構造の接続法
一本の歯を失ったとき
数本の歯を失うと
全ての歯を失うと
インプラントのメリット
ブリッジとインプラントの違い
義歯とインプラントの違い
インプラントの適応症
インプラント適している人
インプラントの耐久性と保証
インプラント辞典