東京 白金台インプラントセンター

トップページ生涯安心のインプラントインプラントインプラント周囲炎よくある質問スタッフ紹介クリニック案内

インプラント埋入手術

オペ風景インプラント埋入手術は、感染予防対策を整えた設備で安全に行われる方がベターです。
術中の細菌感染に細心の注意を持って対応する必要があるからです。

手術は以前は局所麻酔のみで行われてきましたが、現在は麻酔専門医による静脈内鎮静法と呼ばれる方法で行われることが一般的となっています。

麻酔科医が心電図等のモニターを見ながら安全に麻酔をかけます。審美的な要求の高まりにより、治療時間も長くなる傾向があるため、長時間の治療時には併用して頂きます。
術中の痛みを全く感じる事がないばかりか、術中の記憶も無いままに手術を受ける事が可能になります。「痛みを感じない」「記憶がない」ことは全身にストレスがかからないので(血圧、脈拍の安定)安全であると考えております。

麻酔医

術後の疼痛は鎮痛剤を服用する事により、殆どの場合、痛みを感じる事の無い程度です。


広報代行窓口
医療法人社団泉生会 宮本文雄

覚悟の瞬間 医療法人社団泉生会 宮本文雄

院長


インプラントの診査
インプラント手術前の処置
インプラント治療の流れ
インプラント埋入手術
インプラント1回法と2回法
短期集中治療
インプラント症例写真