東京 白金台インプラントセンター

トップページ生涯安心のインプラントインプラントインプラント周囲炎よくある質問スタッフ紹介クリニック案内

歯を失ってお悩みの方へ

歯は失って、初めてその大切さがわかるもののようです。

たった一本を失った為に、噛む、話す、といった日常的な動作に煩わしさを感じ、結果イライラするなど精神面への影響も少なくありません。従来どおりのやり方法(ブリッジ・入れ歯)を使い続けることもまた、長期には同様の弊害をもたらします。抜本的な解決策にはならないようです。

なぜ入れ歯は煩わしいか??

たとえ、ぴったり合った入れ歯を作ったとしても、体調などでお口の状態が変化すると、どうしても違和感を感じてしまうものです。

不安定な入れ歯は、お口の中を傷つけますし、慢性的刺激により、口内炎ができやすくなります。そのため十分に噛めず、胃腸には大きな負担がかかり、さらには唾液の分泌が不足し、消化不良を起こしがちになってしまいます。

噛み合せも悪くなるため、その悪影響も懸念されます。かみやすいほうの歯でばかりかむので、さらにかみあわせがずれてしまいます。
(顎偏位症)かみ合わせがずれることで、顎関節症となり、肩こり、顎の関節の痛み、関節音(口を開閉するときに音がなる) といった症状がでてきます。

入れ歯もブリッジも、歯茎の外側に歯があるような状態をつくるだけです。歯の根の部分には刺激が伝わらないため、あごの骨が徐々に痩せ、あごの形が変わってしまいます。(長期に寝たきりですと足の骨が細くなりますよね、それと一緒です。)あごの形が変わると、入れ歯は合わなくなりますしので煩わしくなります。またあごが痩せると、頬がこけて口元に皺がよって見た目が老けてしまいます。

人前で口を大きく開けれなかったり、発音が不明瞭なため自信を失い無口になったり・・・。人とコミュニケーションをとるのに臆病になってしまい、表情が暗くなってしまいがちになり、コミュニケーションに消極的になります。

クラスプというバネが歯にかけられそのために、歯垢がたまりやすくなります。その結果むし歯になりやすい口内環境ができてしまいます。

クラスプ

ブリッジは危険!!

入れ歯でない場合に用いられる、ブリッジは、失った歯の両側の健康な歯を削って土台にし、固定するものです。しかも、土台にした歯に負担がかかり、清掃性も悪くなるため、再治療がかえって増してしまいます。

歯のエナメル質は人の体の中で一番硬い組織です。実はこの硬い殻が歯を守ってくれているのです。「歯を入れるために歯のエナメル質を削る。」あまりにナンセンスなので、スイスでは歯科大の授業から削除されました。

入れ歯やブリッジに使われる金属は、金属の中でもアレルギーを引き起こしやすいものが多いです。お口の中の金属が溶け出し全身に回って、知らないうちに、皮膚炎やアレルギー症状の原因になっていることもあるのです。

悩む時代はもう終わりました。

そこで、旧来の入れ歯・ブリッジの欠点を補うものとして登場したのが、「インプラント」です。今までついついあきらめていた固い食べ物でも、安心して噛むことができます。また、入れ歯のような異物感がないため、十分味わうことができるようになります。またきちんと噛むことが消化器官の負担を減らし、全身の健康にも貢献します。インプラントは、 第三の歯と言われるように、ご自身の歯に近い状態を取り戻すことができるものです。

インプラントをされた方が言われるのは、人との会話が良好になったということです。入れ歯がずれそうで、うまく話せない。入れ歯のバネが見えてしまうかと思うと人と接するのが怖い。会議や会食中に入れ歯がはずれて、大恥をかいてしまい、人前にたつと自分の口もとが気になってしかたがない。入れ歯が原因で自信まで失くして、消極的な毎日を過ごすとしたら、とても残念なことです。。入れ歯で悩む時代はもう終わりました。しっかりと噛み、心身ともに健やかな毎日を。インプラントとは、そのための治療法なのです。


広報代行窓口
医療法人社団泉生会 宮本文雄

覚悟の瞬間 医療法人社団泉生会 宮本文雄

院長


歯を失ってお悩みの方へ
インプラントとは?
インプラントの歴史
インプラントの構造
インプラント体と上部構造の接続法
一本の歯を失ったとき
数本の歯を失うと
全ての歯を失うと
インプラントのメリット
ブリッジとインプラントの違い
義歯とインプラントの違い
インプラントの適応症
インプラント適している人
インプラントの耐久性と保証
インプラント辞典