東京 白金台インプラントセンター

トップページ生涯安心のインプラントインプラントインプラント周囲炎よくある質問スタッフ紹介クリニック案内

インプラント体と上部構造の接続法

インプラント体と上部構造の接続法に関しては、各メーカーのシステムの違い等によって、幾つかの方法があります。
ここでは大きく分けて3種類のタイプを説明します。

【1】セメントで固定する方法 【2】スクリューで止める方法 【3】入れ歯をクリップなどで取り付ける方法

【1】 セメントで固定する方法
見た目もきれいです。しかし事故等で上部構造が破損した場合には、上部構造を歯科医院で再度作成する必要があります。
(ただし、顎骨と結合しているインプラント体の再治療は必要有りません。)

【2】 スクリューで止める方法
インプラントと上部構造をスクリューで止めるものです。クリニックで取り外しを行えるため、インプラントのメインテナンスが容易です。ネジ穴が見えてしまうため、若干ですが見た目が劣ります。

【3】 入れ歯をクリップなどで取り付ける方法
この方法だと、インプラントを入れる本数が少なくてすみます。ただし入れ歯を毎日取り外して、きれいに洗浄する必要があります。天然の歯にバネをひっかける入れ歯に比べてしっかりと固定されます。
やはり入れ歯を使用しているという点で、使用感や満足度が劣ります。総入れ歯のインプラントの場合のみ、選択される場合が多いようです。


広報代行窓口
医療法人社団泉生会 宮本文雄

覚悟の瞬間 医療法人社団泉生会 宮本文雄

院長


歯を失ってお悩みの方へ
インプラントとは?
インプラントの歴史
インプラントの構造
インプラント体と上部構造の接続法
一本の歯を失ったとき
数本の歯を失うと
全ての歯を失うと
インプラントのメリット
ブリッジとインプラントの違い
義歯とインプラントの違い
インプラントの適応症
インプラント適している人
インプラントの耐久性と保証
インプラント辞典