東京 白金台インプラントセンター

トップページ生涯安心のインプラントインプラントインプラント周囲炎よくある質問スタッフ紹介クリニック案内

インプラント治療の術前処置

来院されてその日にインプラントの手術を行うことはできません。
なぜ歯を失ったのか?を再検証する必要があるからです。大別すると3つかんがえられます。
歯周病・咬み合わせ・虫歯です。
残存している歯に対してこの三つの原因を除去する前処置が必要となります。

1. 歯周病的処置
2. 咬合的処置
3. 虫歯の予防処置


1)歯周病の前処置

歯を失う50パーセントは歯周病と言われています。したがってこの前処置は非常に大切であります。歯周ポケットに住む歯周病原因菌がインプラント周囲炎を引き起こすことが解ってきたからです。精密検査により残存歯が歯周病に罹患していることが分かった場合はインプラント手術を行う前に歯周治療を終了させておくことが、インプラント治療を安全に行うためには必須となります。具体的には歯周ポケット深部にわたり歯根の歯石を除去する治療を行うことが必要です。

2)咬み合わせの前処置

インプラント治療は、適切な咬み合わせを取り戻す治療です。歯のない状態が長く続くと咬み合う相手の歯が出てきたり、隣の歯がよってきたりと、正しい咬み合わせを作るのが困難になってきます。そのためには咬み合わせを決めた後、ステントと呼ばれる仮の歯を作り、レントゲンやCTを撮影し、骨の形、歯の位置を診断し、コンピューター上でシミュレーションします。

ステントの図

3)虫歯の予防処置

インプラントは虫歯にはなりません。ただしその周囲の歯が虫歯になって、また抜歯になったら残念です。したがって虫歯の再発防止のため、当クリニックでは3DSを取り入れております。
限りなく無菌化にするため術前に行う場合があります。


広報代行窓口
医療法人社団泉生会 宮本文雄

覚悟の瞬間 医療法人社団泉生会 宮本文雄

院長


インプラントの診査
インプラント手術前の処置
インプラント治療の流れ
インプラント埋入手術
インプラント1回法と2回法
短期集中治療
インプラント症例写真