東京 白金台インプラントセンター

トップページ生涯安心のインプラントインプラントインプラント周囲炎よくある質問スタッフ紹介クリニック案内

インプラントの耐久性と保証

インプラントは、チタンで出来ています。当然虫歯にはなりませんし、近年では、天然の歯より歯周病になりにくいと考えられております。理論上オッセオインテグレーション(骨結合)が得られていれば、半永久的に口腔内で人工歯根として機能します。事実、ブローネマルク博士の第一号の患者さんは今なおご健在で、40年間お口の中で機能しております。
ただし、毎日の歯磨き等のケアを怠り、口腔内の細菌が増えると、インプラント自体には問題がなくても、骨が炎症を起こし、インプラントが抜けてしまうこともあります。
そのため、毎日のケアをご自身で行って頂いた上で、定期的な歯科医師のチェックや、歯科衛生士のクリーニングを受けられることを、お勧めいたします。
歯科衛生士のクリーニングはインプラントだけでなく、天然歯のためにもなります。
 

■上部構造の破損

上部構造は、事故等で割れたり、インプラント体との接続部にゆるみが生じる場合があります。その場合は即日修復致します。
上部構造のみの破損なら、インプラントそのものの耐久性には、なんら影響はでません。上部構造の修理費用については、無償で修理を行っております。

■インプラント体の破損

インプラント体自体に問題が生じた場合は会社側では10年保証をしております。そのような保証を受けられるのもブローネマルクシステムだからです。


広報代行窓口
医療法人社団泉生会 宮本文雄

覚悟の瞬間 医療法人社団泉生会 宮本文雄

院長


歯を失ってお悩みの方へ
インプラントとは?
インプラントの歴史
インプラントの構造
インプラント体と上部構造の接続法
一本の歯を失ったとき
数本の歯を失うと
全ての歯を失うと
インプラントのメリット
ブリッジとインプラントの違い
義歯とインプラントの違い
インプラントの適応症
インプラント適している人
インプラントの耐久性と保証
インプラント辞典