東京 白金台インプラントセンター

トップページ生涯安心のインプラントインプラントインプラント周囲炎よくある質問スタッフ紹介クリニック案内

インプラントの適応症

インプラントは失った歯を回復する治療です。
人工歯根がインプラントですので、歯の根が無い方、抜歯しなければならない歯がある方は、インプラントの対象となります。

インプラント
は、1本の歯を失ったケースから、全く歯がない場合まで、全ての症例に適応しています。

図

ご希望があれば、数本のインプラントを支えにした義歯を作成することも可能です。

図

この場合は、通常の義歯に比べると、しっかりと固定され、見た目もきれいです。
義歯同様のお手入れが必要なこと、義歯の床部による違和感が生じるため、インプラント本来の利点がフルに発揮できるとはいい難いのが実情です。

また下記のようなケースに、インプラントは有効です。

・入れ歯による発音・味覚の障害
・嘔吐反射が激しく、義歯を装着するのが困難な場合
・1から数本 歯を失ったケースで、両隣の健康な歯を、ブリッジを作るために削りたくない場合
・乳歯の晩期残存による永久歯の先天性欠如
・歯を失ったことによる、機能障害
・顎の骨の吸収が著しく、入れ歯の安定が困難な場合
・入れ歯の留め金が見えて気になる場合


広報代行窓口
医療法人社団泉生会 宮本文雄

覚悟の瞬間 医療法人社団泉生会 宮本文雄

院長


歯を失ってお悩みの方へ
インプラントとは?
インプラントの歴史
インプラントの構造
インプラント体と上部構造の接続法
一本の歯を失ったとき
数本の歯を失うと
全ての歯を失うと
インプラントのメリット
ブリッジとインプラントの違い
義歯とインプラントの違い
インプラントの適応症
インプラント適している人
インプラントの耐久性と保証
インプラント辞典